recipe

美味しく簡単な淹れ方

いつでも気軽に日本茶を楽しむ

淹れる温度や選ぶ茶葉によって、さまざまな味わいを楽しめる日本茶。
朝のお出かけ前の一杯、ほっとしたい昼下がり、夕食後の家族団らんでの一杯。それぞれの生活シーンにあった「お茶の入れ方」「お茶の選び方」があります。自分らしい生活スタイルで、自由にお茶のあるひとときをお楽しみ下さい。

お茶の美味しい入れ方

茶葉6〜8g(大さじ約1杯)3人分の目安です。

1
お湯を沸かすしっかり沸騰させ、保温ポットなどに移しておきましょう。
2
お湯を8分目まで注ぐ人数分の茶碗にお湯を8分目まで注ぎ、持ってあつすぎない温度になるまで少し冷やします。
3
急須に茶葉を入れるお茶の葉の量は、一人あたり約2〜3g(テイースプーン1杯)が目安です。
4
茶碗のお湯を急須に移す茶碗に注いで少し冷やしたお湯をすべて急須に移します。
5
ゆっくり待つ普通煎茶なら1〜2分、
深蒸し茶なら30秒〜1分待って静かに茶碗に注ぎましょう。
6
均一に注ぐ茶碗に注ぐときは、
「廻し注ぎ」をすることで、量や濃さを均一にします。

廻し注ぎ

1→2→3の順に少しずつ注いだら3→2→1の順に注ぎ、これを繰り返します。
旨みを逃さないよう、最後の一滴まで注ぎ切って下さい。

お湯の温度はお茶の味を左右する大切なポイントです。

一煎目65度〜75度
(2、3分で適温に)

旨味成分のアミノ酸がよく出る。
色はあまり出ない。

二煎目75度〜85度
(一煎目より少し熱い位)

旨味と渋みのバランスがよく、
濃厚な味と香りが楽しめる。

三煎目85度〜
(ポットより直接でよい)

ほどよく渋みが出る。

※あくまでも目安です。渋いのが好みの方は熱いお湯で、というふうに、自分の好みの入れ方で楽しんでください。

茶葉を使った
水出し緑茶の作り方

茶葉を使用する水出し緑茶を美味しく淹れるには、お茶ポットにお茶パック(だしパック)にいれた茶葉(約10g)を詰め、冷蔵庫で3〜6時間ほど置いておくだけです。
ポイントは、最初から冷水で抽出することです。苦みが出ず、お茶の旨みがしっかりと抽出できます。「フィルターインボトル」を使うと便利です。

作った水出し緑茶は、1〜2日ほど日持ちします。
前日の夜に、翌日飲む分の水出し緑茶を作るのがおすすめです。